Corona Borealis

*読書*

f:id:coronaborealis:20170507141336g:plainf:id:coronaborealis:20170507141336g:plain

はじめまして。

ようこそいらっしゃいました。

Event! アンソニー賞(アンソニーしょう、The Anthony Awards )を読もう

f:id:coronaborealis:20170617131545j:plain読書イベントf:id:coronaborealis:20170617131545j:plain

お遊びのようなものですが、

読書をしていて気分がだれる日のために、

小さな目標をこっそりと作ってみました。

死ぬまでに読めるといいなぁ・・・。

 

f:id:coronaborealis:20170617131521g:plainf:id:coronaborealis:20170617131521g:plain

 f:id:coronaborealis:20170617124654j:plain

アメリカ探偵作家クラブの創設者の1人である

アントニー・バウチャー(1911年 - 1968年)に因んで名付けられ、

1986年からミステリの世界大会バウチャーコンにおいて

推理作家らに贈られる文学賞を読もう。

f:id:coronaborealis:20170507140828j:plainf:id:coronaborealis:20170507142106g:plain

【アンソニー賞・The Anthony Awards】

f:id:coronaborealis:20170617131521g:plainf:id:coronaborealis:20170617131521g:plain

 受賞作品

1986年  

長編賞 - スー・グラフトン 『泥棒のB』 新人賞 - ジョナサン・ケラーマン 『大きな枝が折れる時』 ペーパーバック賞 - ナンシー・ピカード 『恋人たちの小道』 短編賞 - リンダ・バーンズ(英語版) 「Lucky Penny 」(『The New Black Mask 』No.3初出) ワイルドカード賞 映画 - 「刑事ジョン・ブック 目撃者」 テレビシリーズ - 「ジェシカおばさんの事件簿」 巨匠賞 - バーバラ・マーツ  

1987年  

長編賞 - スー・グラフトン 『死体のC』 新人賞 - ビル・クライダー(英語版) 『死ぬには遅すぎる』 ペーパーバック賞 - ロバート・W・キャンベル(英語版) 『ごみ溜めの犬』 短編賞 - スー・グラフトン 「パーカー・ショットガン」(『卑しい街を行く』初出)  

1988年  

長編賞 - トニイ・ヒラーマン 『魔力』 新人賞 - ギリアン・ロバーツ 『フィラデルフィアで殺されて』 ペーパーバック賞 - ロバート・クレイス 『モンキーズ・レインコート』 短編賞 - ロバート・バーナード 「モーニング・ショウ」(又は「あなたとモーニングティー」、『EQMM』1987年1月号掲載) ワイルドカード賞 映画 - 「ビッグ・イージー(英語版)」 テレビシリーズ - "Mystery!"  

1989年  

長編賞 - トマス・ハリス羊たちの沈黙 新人賞 - エリザベス・ジョージ 『大いなる救い』(又は『そしてボビーは死んだ』) ペーパーバック賞 - キャロリン・G・ハート 『舞台裏の殺人』 短編賞 - 該当者なし ワイルドカード賞 功労賞 - ドロシー・ソールズベリ・デイヴィス  

1990年  

長編賞 - サラ・コードウェル 『セイレーンは死の歌をうたう』 新人賞 - カレン・キエフスキー(英語版) 『キャット・ウォーク 女性探偵に気をつけろ!』 ペーパーバック賞 - キャロリン・G・ハート 『ハネムーンの殺人』 短編賞 - ナンシー・ピカード 「いつもこわくて」 ワイルドカード賞 映画 - 「ウディ・アレンの重罪と軽罪」 テレビシリーズ - "Inspector Morse"  

1991年  

長編賞 - スー・グラフトン 『探偵のG』 新人賞 - パトリシア・コーンウェル検屍官』 ペーパーバック賞 - ジェイムズ・マキャハリー "Grave Undertaking" 、ロシェル・メジャー・クリッヒ 『甘い女』 短編賞 - スーザン・ダンラップ 「天上のビュッフェ・パーティ」 評論賞 - ジョン・L・ブリーン&マーティン・H・グリーンバーグ "Synod Of Sleuths" ワイルドカード賞 映画 - 「推定無罪」 テレビシリーズ - "Mystery!"  

1992年  

長編賞 - ピーター・ラヴゼイ 『最後の刑事』 新人賞 - スー・ヘンリー 『犬橇レースの殺人』 短編賞 - リザ・コディ(英語版) 「運のいい拾い物」 評論賞 - マクシム・ジャクボウスキー(英語版) "100 Great Detectives" ワイルドカード賞 アンソロジー / 短編集 - サラ・パレツキー 『ウーマンズ・アイ』  

1993年  

長編賞 - マーガレット・マロン 『密造人の娘』 新人賞 - バーバラ・ニーリイ(英語版) 『怯える屋敷』 短編賞 - ダイアン・デヴィッドソン "Cold Turkey" 評論賞 - エレン・ネール "Doubleday Crime Club Compendium 1928-1991" ワイルドカード賞 映画 - 「クライング・ゲーム」  

1994年  

長編賞 - マーシャ・ミュラー "Wolf in the Shadows" 新人賞 - ネヴァダ・バー 『山猫』 短編賞 - スーザン・ダンラップ 「レジにてお並びください」 評論賞 - エド・ゴーマン(英語版)&マーティン・H・グリーンバーグ&ラリー・セグリフ "The Fine Art Of Murder: The Mystery Reader's Indispensable Companion" ワイルドカード賞 アンソロジー / 短編集 - マーティン・H・グリーンバーグ "Mary Higgins Clark presents Malice Domestic 2"  

1995年  

長編賞 - シャーリン・マクラム 『丘をさまよう女』 新人賞 - ケイレブ・カー(英語版) 『エイリアニスト―精神科医』 短編賞 - シャーリン・マクラム 「グラミスの妖怪」 評論賞 - B・A・パイク&J・クーパー "Crime Fiction, 2nd Edition" ワイルドカード賞 アンソロジー / 短編集 - トニイ・ヒラーマン "The Mysterious West" 映画 - 「パルプ・フィクション」 トゥルークライム - デヴィッド・カンター(英語版) 『心理捜査官ロンドン殺人ファイル』 テレビシリーズ - 「第一容疑者」  

1996年  

長編賞 - メアリー・ウィリス・ウォーカー(英語版) 『神の名のもとに』 新人賞 - ヴァージニア・ラニア(英語版) 『追跡犬ブラッドハウンド』 ペーパーバック賞 - ハーラン・コーベン 『沈黙のメッセージ』 短編賞 - ガー・アンソニー・ヘイウッド 「誰もが見ていませんように」 評論 / ノンフィクション賞 - ケイト・スタイン "The Armchair Detective Book of Lists, 2nd Edition" ワイルドカード賞 映画賞 - 「ユージュアル・サスペクツ」 出版社賞 - セント・マーティンズ(英語版) 短編集賞 - マーシャ・ミュラー "The McCone Files: The Complete Sharon McCone Stories" テレビ番組 - 「Xファイル

 1997年  

長編賞 - マイクル・コナリー 『ザ・ポエット』 新人賞 - デイル・フルタニ(英語版) 『ミステリー・クラブ事件簿』、テリス・マクマハン・グライムス "Somebody Else's Child" ペーパーバック賞 - テリス・マクマハン・グライムス "Somebody Else's Child" 短編賞 - キャロリン・ウィート(英語版)[要リンク修正] 「運が悪いことは起こるもの」 評論 / ノンフィクション賞 - ウィレッタ・L・ヘイシング "Detecting Women 2: Reader's Guide and Checklist for Mystery Series Written by Women"  

1998年  

長編賞 - S・J・ローザン 『どこよりも冷たいところ』 新人賞 - リー・チャイルド 『キリング・フロアー』 ペーパーバック賞 - リック・リオーダン 『ビッグ・レッド・テキーラ』 短編賞 - ジャン・グレイプ 「最前列の座席から」、エドワード・D・ホックマダガスカルの殺意」 評論 / ノンフィクション賞 - 該当者なし  

1999年  

長編賞 - マイクル・コナリー 『わが心臓の痛み』 新人賞 - ウィリアム・K・クルーガー 『凍りつく心臓』 ペーパーバック賞 - ローラ・リップマン 『スタンド・アローン』 短編賞 - バーバラ・ダマート "Of Course You Know that Chocolate Is a Vegetable" 評論 / ノンフィクション賞 - ジョージ・イースター "Deadly Pleasures Magazine"  

2000年  

長編賞 - ピーター・ロビンスン 『渇いた季節』 新人賞 - ドナ・アンドリューズ 『庭に孔雀、裏には死体』 ペーパーバック賞 - ローラ・リップマン 『ビッグ・トラブル』 短編賞 - メグ・チッテンデン "Noir Lite" 評論 / ノンフィクション賞 - ウィレッタ・L・ヘイシング "Detecting Women (3rd edition) " ワイルドカード賞 20世紀ベスト【シリーズ】 - アガサ・クリスティエルキュール・ポアロシリーズ〉 20世紀ベスト【作家】 - アガサ・クリスティ 20世紀ベスト【作品】 - ダフニ・デュ・モーリエ 『レベッカ』  

2001年  

長編賞 - ヴァル・マクダーミド 『処刑の方程式』 新人賞 - ジョー・シャーロン 『上海の紅い死』 ペーパーバック賞 - ケイト・グライリー "Death Dances to a Reggae Beat" 短編賞 - エドワード・D・ホック 「消えた南京錠の鍵」 評論 / ノンフィクション賞 - ジム・ホァン 『書店のイチ押し! 海外ミステリ特選100』  

2002年  

長編賞 - デニス・ルヘインミスティック・リバー』 新人賞 - C・J・ボックス 『沈黙の森』 ペーパーバック賞 - シャーレイン・ハリス 『満月と血とキスと』 短編賞 - ビル・クライダー(英語版)&ジュディ・クライダー "Chocolate Moose" 評論 / ノンフィクション賞 - トニイ・ヒラーマン "Seldom Disappointed" 特別賞 - ドリス・アン・ノリス  

2003年  

長編賞 - マイクル・コナリー 『シティ・オブ・ボーンズ』 新人賞 - ジュリア・スペンサー=フレミング(英語版) "In the Bleak Midwinter" ペーパーバック賞 - ロビン・バーセル "Fatal Truth" 短編賞 - マーシャ・タリー(英語版) 「料理人が多すぎる」 評論 / ノンフィクション賞 - ジム・ホァン "They Died In Vain: Overlooked, Underappreciated and Forgotten Mystery Novels" 特別賞 - 該当者なし  

2004年  

長編賞 - ローラ・リップマン 『あの日、少女たちは赤ん坊を殺した』 新人賞 - P・J・トレイシー 『天使が震える夜明け』 ペーパーバック賞 - ロビン・バーセル "Deadly Legacy" 短編賞 - リース・ボウエン "Doppelganger" 評論 / ノンフィクション賞 - ゲイリー・ウォーレン・ニーバー "Make Mine a Mystery: A Reader's Guide to Mystery and Detective Fiction" 特別賞 - 該当者なし ワイルドカードヤングアダルト賞 - J・K・ローリングハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』 歴史ミステリ賞 - リース・ボウエン "For The Love Of Mike"  

2005年  

長編賞 - ウィリアム・K・クルーガー 『二度死んだ少女』 新人賞 - ハーレイ・ジェーン・コザック 『誘惑は殺意の香り』 ペーパーバック賞 - ジェイソン・スター(英語版) "Twisted City" 短編賞 - エレイン・ヴィエッツ(英語版) 「ウェディング・ナイフ」 評論 / ノンフィクション賞 - マックス・アラン・コリンズほか "Men's Adventure Magazines" 特別賞 - 該当者なし  

2006年  

長編賞 - ウィリアム・K・クルーガー 『闇の記憶』 新人賞 - クリス・グラベンスタイン "Tilt-a-Whirl" ペーパーバック賞 - リード・ファレル・コールマン "The James Deans" 短編賞 - バーバラ・セラネラ(英語版) 「ミスディレクション」 評論 / ノンフィクション賞 - メアリー・ラックマン "Heirs Of Anthony Boucher" 特別賞 - ジャネット・ルドルフ 〈国際ミステリ愛好家クラブ〉設立  

2007年  

長編賞 - ローラ・リップマン "No Good Deeds" 新人賞 - ルイーズ・ペニー 『スリー・パインズ村の不思議な事件』 ペーパーバック賞 - デイナ・キャメロン(英語版) "Ashes and Bones" 短編賞 - サイモン・ウッド "My Father's Secret" 評論 / ノンフィクション賞 - ジム・ホァン&オースティン・ルガー "Mystery Muses" 特別賞 - ジム・ホァン 〈Crum Creek Press and The Mystery Company〉  

2008年  

長編賞 - ローラ・リップマン 『女たちの真実』 新人賞 - タナ・フレンチ 『悪意の森』 ペーパーバック賞 - P・J・パリッシュ "A Thousand Bones" 短編賞 - ローラ・リップマン 「知らない女」 評論 / ノンフィクション賞 - ジョン・レレンバーグ&ダニエル・スタシャワー&チャールズ・フォリー "Arthur Conan Doyle: A Life in Letters" 特別賞 - ジョン&ルース・ジョーダン(雑誌 "Crimespree" 発行者・編集者)  

2009年  

長編賞 - マイクル・コナリー 『真鍮の評決 リンカーン弁護士』 新人賞 - スティーグ・ラーソン 『ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女』 ペーパーバック賞 - ジュリー・ハイジー 『厨房のちいさな名探偵』 短編賞 - ショーン・チャーコーヴァー "A Sleep Not Unlike Death" 評論 / ノンフィクション賞 - ジェフリー・マークス(英語版) "Anthony Boucher: A Biobibliography"  

2010年  

長編賞 - ルイーズ・ペニー "The Brutal Telling" 新人賞 - ソフィー・リトルフィールド 『謝ったって許さない』 ペーパーバック賞 - ブライアン・グルーリー(英語版) 『湖は餓えて煙る』 短編賞 - ハンク・フィリッピ・ライアン(英語版) "On the House" 評論 / ノンフィクション賞 - P・D・ジェイムズ "Talking About Detective Fiction"  

2011年  

長編賞 - ルイーズ・ペニー "Bury your Dead" 新人賞 - ヒラリー・デイヴィッドソン "Damage Done" ペーパーバック賞 - ドゥエイン・スウィアジンスキー(英語版) "Expiration Date" 短編賞 - ダナ・キャメロン(英語版) "Swing Shift" 評論 / ノンフィクション賞 - ジョン・カラン 『アガサ・クリスティーの秘密ノート』  

2012年  

長編賞 - ルイーズ・ペニー "A Trick of the Light" 新人賞 - サラ・J・ヘンリー "Learning to Swim" ペーパーバック賞 - ジュリー・ハイジー "Buffalo West Wing" 短編賞 - ダナ・キャメロン(英語版) "Disarming" 評論 / ノンフィクション賞 - シャーレイン・ハリス "The Sookie Stackhouse Companion"  

2013年  

長編賞 - ルイーズ・ペニー "The Beautiful Mystery" 新人賞 - クリス・パヴォーネ(英語版) 『ルクセンブルクの迷路』 ペーパーバック賞 - ジョニー・ショウ "Big Maria" 短編賞 - ダナ・キャメロン(英語版) "Mischief in Mesopotamia" ノンフィクション賞 - ジョン・コナリー / デクラン・バーク(英語版) "Books to Die for : The World's Greatest Mystery Writers on the World's Greatest Mystery Novels" 功労賞 - スー・グラフトン  

2014年  

長編賞 - ウィリアム・K・クルーガー 『ありふれた祈り』 新人賞 - マット・コイル(英語版) "Yesterday's Echo" ペーパーバック賞 - カトリーナ・マクファーソン "As She Left It" 短編賞 - ジョン・コナリー "The Caxton Private Lending Library & Book Depository" ノンフィクション賞 - ダニエル・スタシャワー(英語版) "The Hour of Peril: The Secret Plot To Murder Lincoln Before the Civil War"  

2015年  

長編賞 - ローラ・リップマン "After I'm Gone" 新人賞 - ローリー・レーダー=デイ "The Black Hour" ペーパーバック賞 - カトリーナ・マクファーソン "The Day She Died" 短編賞 - アート・テイラー(英語版) "The Odds Are Against Us" ノンフィクション賞 - ハンク・フィリッピ・ライアン(英語版)編 "Writes of Passage: Adventures on the Writer's Journey"  

2016年  

長編賞 - クリス・ホルム 『殺し屋を殺せ』 新人賞 - グレン・エリク・ハミルトン "Past Crimes" ペーパーバック賞 - ルー・バーニー "The Long and Faraway Gone" 評論・ノンフィクション賞 - ヴァル・マクダーミド "Forensics: What Bugs, Burns, Prints, DNA, and More Tell Us About Crime" 短編賞 - ミーガン・アボット "The Little Men: A Bibliomystery" アンソロジー・短編集賞 - アート・テイラー(英語版)編 "Murder Under the Oaks: Bouchercon Anthology 2015" ヤングアダルト賞 - ジョエル・シャーボニュー "Need"  

2017年  

長編賞 - ルイーズ・ペニー "A Great Reckoning" 新人賞 - ジョー・イデ(英語版) "IQ" ペーパーバック賞 - ジェームズ・W・ツィスキン "Heart of Stone" アンソロジー賞 - グレッグ・ヘレン(英語版)編 "Blood on the Bayou: Bouchercon Anthology 2016" 短編賞 - ミーガン・アボット "Oxford Girl" ヤングアダルト賞 - エイプリル・ヘンリー(英語版) "The Girl I Used to Be" 中編賞 - B・K・スティーヴンス "The Last Blue Glass" 評論・ノンフィクション賞 - ルース・フランクリン(英語版) "Shirley Jackson: A Rather Haunted Life"  

2018年  

アッティカ・ロック(Attica Locke) ブルーバード、ブルーバード "Bluebird, Bluebird" 

2019年  

ルー・バーニー(Lou Berney) 11月に去りし者 "November Road"  

2020年  

ハンク・フィリッピ・ライアン(Hank Phillippi Ryan)  "The Murder List"  

2021年  

S・A・コスビー(S.A. Cosby) 黒き荒野の果て "Blacktop Wasteland"

2022年