Corona Borealis

*読書*

f:id:coronaborealis:20170507141336g:plainf:id:coronaborealis:20170507141336g:plain

はじめまして。

ようこそいらっしゃいました。

本棚 薬の魔物の解雇理由2 単行本(ソフトカバー) – 2022/4/9 桜瀬彩香 (著), ボーダー (イラスト)

 

f:id:coronaborealis:20170507141240g:plain

I found a book that I want to read.

f:id:coronaborealis:20170507140758j:plain

f:id:coronaborealis:20171117095028g:plain

薬の魔物の解雇理由2
単行本(ソフトカバー)
2022/4/9
桜瀬彩香 (著)
ボーダー (イラスト)

 

f:id:coronaborealis:20170507140231g:plain

本と作家のリスト
 

f:id:coronaborealis:20170710085409g:plain

 

f:id:coronaborealis:20170512084638g:plain

映像リスト

f:id:coronaborealis:20170710085409g:plain

 

f:id:coronaborealis:20170507140758j:plain

f:id:coronaborealis:20170515123306j:plain

memo

5 プロローグ

5 静かな雪の夜のダリルダレンの書庫(書架)

  • イブメリアのリースの香り
  • 見上げるほど高い書架に囲まれた部屋
  • ウィームの頭脳たる書架妖精の住み家

5 書架妖精ダリル

  • ダリルダレンの書架のお気に入りの椅子に座り、大きな羽を広げた妖精
  • 理性的で物静かにも、はっとする程に獰猛にも見える
  • この施設の名前を取り、ダリルと名付けられた
  • ウィーム領主のたった一人の代理妖精
  • 8 ウィームの書庫で生まれ、その歴史を読み解きながら継承された叡智を司る妖精

6 エーダリア

6 ・・・「無理だろうね。各所から何度も申し入れをして漸(ようや)くの運びだが、そう遠くないうちに・・・

6 漸(ようや)く

dictionary.goo.ne.jp

  • この国を含む大陸のこちら側を統括する魔物が交代するだろう。
  • 統括の魔物が交代すると、変化がでる
  • あの歌乞いは、違う世界層からの迷子だから、身に持つ運命がこの世界に紐付くまでは、足場が不安定なはず。当分は、迷い込み易かったり、攫われ易かったりする。このままウィームに留めておけるかは、周囲の者達次第。

6 送り火の魔物

  • エーダリアは、送り火の魔物が、いつ逃げ出さないかと、心配している。
  • 送り火の魔物が逃げ出したら、ネアに探索してもらおうと、書架妖精ダリル。
  • 逃げ出されたら、祝祭が長期に渡り延期になるのはさけたいエーダリア

7 書架の妖精ダリルのネアの分類

  • エーダリアや騎士達は、領民の側、人間の領域を向いての仕事が多い。
  • 書架の妖精ダリル自身も、必然的にエーダリア達と同じになる。
  • ここはウィームだから、いずれ、人間の領域で、人ならざる者達の側を向いて調整や剪定を行う存在が必要になる。それが、ネアはそちら側。

7 ネアにそこまで望むのは酷な理由

  • ネアの可動域は、4

7 書架の妖精ダリルが、ネアをかう理由

  • 通信妖精ヒルが、あの子はリーエンベルクに必要な存在になると言った。珍しく、相当気に入っている。
  • そんな言い方をするなら、ネアは、エーダリア通信妖精ヒルグラストとは、違う気質の人間ということだから。違う物の見方をするとエーダリアが補足。

7 書架の妖精ダリルリーエンベルクにずっと足りないと思っていたもの

  • 災いの質を持ち、それ故にリーエンベルクを守れるような役割を果たせる人員。
  • 漸(ようや)く、そんな人間が、リーエンベルクに戻ってきたのかもしれない。

8 祝祭の季節の朝にはなします

8 ネアがこちらの世界に来て2ヶ月余り

  • 雪降る季節のウィーム
  • イブメリアの季節

8 イブメリア

  • クリスマスに相当する祝祭
  • ウィームの大聖堂で、イブメリアを象徴する信仰の魔物火の魔物が参加する儀式が行われる
  • 街に赤いインスの実を飾ったリースがかけられ、飾り木というクリスマスツリーのようなものが立てられる。

9 ダリルダレンの書架妖精と呼ばれている、ダリル

  • ダリルダレンはエーダリアの代理妖精
  • ダリルは、書への信仰から派生した書架を司る妖精
  • 有名になり今では書庫全体をダリルダレンと呼ぶものたちがいる
  • ダリルは、あわいや影絵の中にも、いくつもの書庫を管理している。
  • 10 鹿毛色の髪は、ふさふさとした腰までの長さ。斜めに流した前髪の下には、青い瞳。黒縁の眼鏡。
  • 10 政治的な交渉に長けた舌鋒(ぜっぽう)で、恐れられている。
  • 10 ダリルダレンの青眼の美女
  • 11 彼はドレスしか着ない男性
  • 11 書架妖精は、魔物のような単一派生の妖精。派生に立ち会った者達がその妖精を育てるのが、当時のダリルダレンの書庫守りが、女性だった。単一派生の妖精は、自分を育てた者に多くを学ぶので、彼の装いや嗜好はその女性の影響。

9 ダリルダレンの書庫

  • 一国であった頃は、国立図書館だった
  • 皆が訪れる表層に出ている立入り可能な区画とあわいや影絵の中のいくつもの書庫
  • ウィームに現存する書物が全て揃っている

10 ・・・あわいや影絵の中にも、・・・

10 あわい

dictionary.goo.ne.jp

10 ダリルの弟子

  • 美しい書架妖精に心を捧げる者たちのこと

12 通信妖精ヒル

  • 王都で寄る辺のない立場であった幼い第二王子の教師として、第一王子の指名を受け、エーダリアが王宮を出る日まで守り抜いた妖精。
  • 森と湖と宝石の妖精。

12 ヒルではなくダリルが代理妖精に選定された訳

  • エーダリアが、代理妖精の選定の日に、小さな子供に意地悪をしてやろうと、その場に入り込んでいたダリルに一目惚れして、うっかり、ヒルドではなくダリルを指名してしまったから。

14 ・・・ネアの知らない間に何某(なにがし)かの承認が既に取られているのだろう。・・・

14 何某(なにがし)

dictionary.goo.ne.jp

14 ・・・今日は、美味しいけれど生地が崩れやすい焼きたての葡萄入りブリオッシュがありますし、…まあ、チーズの入ったパラチンケンもあるのですね!」・・・

14 ブリオッシュ

ja.wikipedia.org

14 パラチンケン

ja.wikipedia.org

mannersandvienna.com