Corona Borealis

*読書*

f:id:coronaborealis:20170507141336g:plainf:id:coronaborealis:20170507141336g:plain

はじめまして。

ようこそいらっしゃいました。

本棚 博物館の裏庭で (新潮クレスト・ブックス) 単行本 – 2008/8/1 ケイト アトキンソン Kate Atkinson (原著), 小野寺 健 (翻訳)

 

f:id:coronaborealis:20170507141240g:plain

I found a book that I want to read.

f:id:coronaborealis:20170507140758j:plain

f:id:coronaborealis:20171117095028g:plain

博物館の裏庭で
(新潮クレスト・ブックス) 単行本
2008/8/1
ケイト アトキンソン  Kate Atkinson (原著)
小野寺 健 (翻訳)

 

f:id:coronaborealis:20170507140231g:plain

本と作家のリスト
 

f:id:coronaborealis:20170710085409g:plainロビンソン・クルーソーRobinson Crusoe ダニエル・デフォー

ローレンス・スターンLaurence Sterne

センチメンタル・ジャーニー』 ローレンス・スターンLaurence Sterne

『トリストラム・シャンディ』 ローレンス・スターンLaurence Sterne

『3びきのくま』the Three Bears

エドガー・アラン・ポー

ストリングベルイ

ヘンリック・イプセン

『人形の家』 ヘンリック・イプセン

ラプンツェル』 グリム

『白雪姫』

『眠れる森の美女』

ロビンフッド

 

f:id:coronaborealis:20170512084638g:plain

映像リスト

f:id:coronaborealis:20170710085409g:plainザ・トレンチ

ザ・トレンチ 塹壕 [DVD]

ザ・トレンチ 塹壕 [DVD]

  • ポール・ニコラス
Amazon

 

 

 

f:id:coronaborealis:20170507140758j:plain

f:id:coronaborealis:20170515123306j:plain

memo

1951年 5月3日懐妊 

1951年のフェスティバル・オブ・ブリテン

フェスティバルオブブリテンは、1951年の夏にイギリス全土で何百万人もの訪問者に届いた全国的な展示会と見本市でした。歴史家のケネス・O・モーガンは、フェスティバルは「勝利の成功」であり、人々は次のことを行ったと述べています。

サウスバンクのサイトに群がり、ディスカバリードームを散策し、スカイロンを眺め、一般的に全国的なお祝いの祭りを楽しんでいます。土地の上下で、より少ない祭りは多くの市民的および自発的な熱意を呼び起こしました。何年にもわたる総力戦によって抑制され、緊縮財政と暗闇によって半分押しつぶされた人々は、それがそれ自体を楽しむ能力を失っていないことを示しました...。とりわけ、フェスティバルは英国の科学者や技術者の創意工夫と天才のショーピースとして壮観な環境を作りました。[1]

労働党の閣僚であるハーバート・モリソンが原動力でした。1947年に彼は1851年の万国博覧会の100周年を祝うという当初の計画から始めました。[2]しかし、イギリス連邦のように国際的なテーマがなかったため、それは別の万国博覧会ではありませんでした。代わりに、1951年のフェスティバルは完全に英国とその業績に焦点を当てました。それは主に政府によって資金提供され、予算は1200万ポンドでした。労働党政権は支持を失っていたため、フェスティバルの暗黙の目標は、人々に戦争の荒廃からの回復が成功したという感覚を与えることであり[3]、英国の科学、技術、工業デザイン、建築、芸術を促進することでした。

フェスティバルの目玉は、テムズ川のサウスバンクにあるロンドンでした。ポプラ(建築–ランズベリーエステート)、バタシー(フェスティバルプレジャーガーデン)、サウスケンジントン(科学)、グラスゴー(インダストリアルパワー)でイベントがありました。フェスティバルの祝賀会はカーディフストラトフォード・アポン・エイボンバース、パーボーンマスヨークアルデバラインヴァネスチェルトナムオックスフォードノリッジカンタベリーなどで行われ[4]、陸と海での巡回展があった。

フェスティバルは「変化のビーコン」となり、何千人ものエリート訪問者と何百万人もの人気者に絶大な人気を博しました。それは、英国の芸術、工芸、デザイン、スポーツを何世代にもわたって再形成するのに役立ちました。[5]ジャーナリストのハリー・ホプキンスは、「フェスティバルスタイル」の広範な影響を強調しています。彼らはそれを「現代的」と呼んだ。そうでした:

清潔で明るく新しい...。それはすぐに定着し、最初にロンドン全体に広がり、次にイギリス全体に広がりました。これまでグレービーブラウンとくすんだグリーンにほとんどあきらめていた島で、「コンテンポラリー」は大胆に強い原色を支持しました。[6]

フェスティバル・オブ・ブリテンのエンブレム – フェスティバル・スター – エイブラム・ゲームズがデザイン、サウスバンク・エキシビション・ガイドの表紙から、1951年

私 ?

母親 バンディ(本名ベレニス)

父親 ジョージ・レノックス

ウィルターとバーナード・ベイング 父の友人たち

住まい「お店の上」+裏庭 ペットショップ

 

ヨーク大聖堂

ヨーク・ミンスターまたはヨーク大聖堂 (York Minster、正式名称:ヨークの聖ペトロ首府主教座聖堂、The Cathedral and Metropolitan Church of St Peter in York)は、イギリスヨークにあるイングランド国教会大聖堂イングランド国教会ではカンタベリー大主教に次ぐ高位聖職者ヨーク大主教が管理する、ヨーク主教座が置かれている[1]。運営はヨーク・ミンスター主席司祭が行っている。

ヨーク・ミンスター西側
遠景
建築
華飾式のイングランド・ゴシック様式の本堂には、幅の広い身廊、参事会場、垂直様式の聖堂東側と合唱隊席、イングランドゴシック様式の北側、南の翼廊がある。本堂には1338年につくられた西側窓が、東側のレディー・チャペルには大東側窓が(1408年完成。中世ステンドグラス窓としては世界最大級)がある。北の翼廊には五人姉妹の窓(Five sisters Window)と呼ばれる高さ16mのランセット窓(en:Lancet Window、幅が狭く高さのある窓)が並ぶ。南翼廊にはバラ窓がある。現在の姿になったのは1472年である。北ヨーロッパではケルン大聖堂に並ぶ最大級の聖堂建築物で、寸法は長さ160m、幅68m、高さ72mである。ミンスターの地下には、ローマの遺跡がある(71年ローマ帝国第9軍団6000人が駐屯)[2]

goo.gl

 

第9軍団ヒスパナ (Legio IX Hispana) は、ローマ軍団のひとつ。紀元前58年以前にガリア遠征の際にガイウス・ユリウス・カエサルによって創設されたものと考えられている。軍団の意味は文字通り「ヒスパニアから」という意味で「ヒスパニア人の部隊」だったと考えられている。
ユリウス=クラウディウス朝初期
オクタウィアヌスが唯一の支配者として事実上君臨すると北ヒスパニアカンタブリア人の反乱の鎮圧に派遣された。帝政ローマの確立後、第9軍団は恐らくゲルマン人の防衛のために皇帝属州のどこかに駐在していたらしい。ゲルマニアに駐在していた可能性が高いが、一方で資料からパンノニアに駐在していた可能性もうかがえる。資料からは紀元9年トイトブルクの戦いの大敗北で第17軍団第18軍団第19軍団が消滅した際に第9軍団はパンノニアに駐在していた事は分かっている。
 

ガイ・フォークスGuy Fawkes[ˈɡ ˈfɔːks]1570年4月13日 - 1606年1月31日[1][注釈 1])、別名グイド・フォークスGuido Fawkes[ˈɡwd ])は、1605年に発覚した火薬陰謀事件の実行責任者として知られる人物である。

イングランドヨークで生まれ育ち、母親の再婚相手の影響から、カトリックを信奉するようになる。青年期にはヨーロッパ大陸に渡りカトリック側で八十年戦争に参加した。後にトマス・ウィンターと出会い、ロバート・ケイツビーが首謀した火薬陰謀事件に関わるようになる。1605年11月5日、当局による貴族院地下の捜索が行われ、貯蔵した火薬を見張っていたフォークスは逮捕された。偽名を名乗り証言を拒んだフォークスであったが、拷問にかけられ計画の全容と共謀者の名前を白状した。1606年1月31日、フォークスは絞首刑台から飛び降りて首の骨を折り死んだ。

フォークスは火薬陰謀事件の首謀者ではなかったが事件そのものと同義語となり、陰謀が発覚した日はイギリスの記念日(ガイ・フォークス・ナイト)となっている。また、英語で「男、奴」を意味する「ガイ(guy)」は、彼の名に由来する[2]

ガイ・フォークス
Fawkes arrest2.jpg
逮捕されるフォークス
生誕 1570年4月13日(推定)
ヨーク
死没 1606年1月31日(35歳)
ロンドンウェストミンスター
別名 グイド・フォークス、ジョン・ジョンソン
職業 兵士
罪名 大逆罪
刑罰 首吊り・内臓抉り・四つ裂きの刑
エドワード・フォークス、イディース・フォークス
 
動機 火薬陰謀事件

フォークスはSt. Michael le Belfreyで洗礼を受けた。

ガイ・フォークスは1570年にヨークのストーンゲートで生まれた。当時は、エリザベス1世の治世下で、「国王至上法」「礼拝統一法英語版」などの法律も制定され、女王を首長とするイングランド国教会の体制作りが進められていった。カトリック教徒はこれに反発し、また政府もカトリック教徒を迫害していった。ガイは、教会法廷の弁護人であったエドワード・フォークス[注釈 2]とその妻イーディスの子として、イングランド国教会の礼拝に通う家庭に生まれた。両親の間には4人の子供がいたが、ガイは2番目の子だった[注釈 3]。ガイの父方の祖母、エレン・ハリントンは1536年にヨーク市長に仕えた有力な商人の娘であり、ガイの両親もイングランド国教会の信徒であった[6]。しかし、母親の家系は国教会に否定的なカトリックであり、ガイのいとこであるリチャード・カウリングもイエズス会の聖職者となっている[7]。ガイという名前はイングランドでは珍しい名前だが、ヨークでは地元の有名人「ガイ・フェアファックス英語版」にあやかって名づけられ、一般的な名前である[8]

フォークスの生まれた日は不明であるが、St. Michael le Belfrey[訳語疑問点]において4月16日に洗礼を受けている。誕生日と洗礼の間は慣習では3日間となっており、そこから4月13日に生まれたと推定される[7]。ガイの生まれる前、1568年に母親のイーディスはアンという娘を産んだが、同年11月に7週目で亡くなっている。ガイが生まれた後さらに2人の子をもうけており、アン(1572年生)、エリザベス(1575年生)はそれぞれ1599年、1594年に結婚している[8][9]

1579年、ガイが8歳の時に父親が亡くなった。母親は数年後に再婚したが、相手はスコットンに住むカトリック信者のディオニス・ベインブリッジ[注釈 4]であった。スコットンにはカトリックを信奉するプーリン家、パーシー家が住んでおり、フォークスは継父とプーリン家、パーシー家の影響によりカトリックを信奉するようになった[12]。フォークスはヨークにあるセント・ピーターズ・スクールに通っていたが、学校理事は国教忌避者として約20年牢獄に収監されていた。校長のジョン・プーリンは、ヨークシャーの国教忌避者として著名な一家であるブラッバーハウスのプーリン家出身であった。フォークスの同窓生には火薬陰謀事件でともに行動をとることになるジョン・ライト、クリストファー・ライト兄弟や、イエズス会士オズワルド・テシモンド、エドワード・オールドコーン神父など事件への関与が疑われた人物、陰謀事件発覚前の1601年に処刑されたロバート・ミドルトン神父などがいた[13]

学校を卒業後、初代モンタギュー子爵アンソニー・ブラウンに仕えるも、フォークスは子爵に疎まれ、短期間で解雇されてしまった。その後、2代モンタギュー子爵アンソニー=マリア・ブラウンに雇われた[14]。フォークスは結婚しており、息子がいたという情報があるが、同時代の証拠は何一つ見つかっていない[15][注釈 5]

 

ディック・タービン

リチャード・"ディック"・ターピンRichard "Dick" Turpin1705年9月21日洗礼 - 1739年4月7日)はイギリスハイウェイマン(馬に乗った追い剥ぎ)。追い剥ぎの罪によりヨークで処刑されたのち、美化されて描かれるようになった。若き日は父親の跡を継ぎ肉屋として働いていたが、1730年代前半、鹿泥棒の一団に加わり、密猟住居侵入、追い剥ぎ、殺人をはたらいた。愛馬ブラック・ベスに乗りロンドンからヨークまでの200マイル(320km)を一晩で走ったことでも知られているが、これは彼の死後およそ100年経ったヴィクトリア時代に、小説家ウィリアム・ハリソン・エインズワース英語版によって書かれたために有名になった作り話である。

ターピンは主に追い剥ぎとして犯罪に関わり、1735年に仲間たちが逮捕されてからその年の末まで人々の前から姿を消していた。その後、1737年に新たに2人の仲間を引き連れて現れたが、うち一人を彼が誤って撃ち殺したといわれる。ターピンは現場から逃亡したうえ、その後すぐに自分を捕らえようとした男をも殺害した。そしてその年のうちにヨークシャーに移り、ジョン・パルマーと名を偽った。彼が宿屋に滞在していたとき、地元の治安判事が「パルマー」という名前を不審に思い、職業を尋ねた。そこで追い剥ぎとしての容疑をかけられた「パルマー」ことターピンは、ヨーク城英語版に収監されたのち巡回裁判英語版にかけられることとなった。ターピンの身元は、彼が独房で義理の兄に書いた手紙が裁判官のもとに渡ったことで明らかになった。1739年3月22日、ターピンには2件の追い剥ぎ容疑で死刑判決が下され、刑は1739年4月7日に執行された。

ターピンは処刑後に伝説となり、イギリスのバラッド18世紀から19世紀にかけての大衆劇場、20世紀の映画やテレビにおいて、颯爽と現れる英雄としてロマンティックに語られた。

リチャード・"ディック"・ターピン
Richard "Dick" Turpin
A monochrome illustration of a man on horseback, jumping a wooden gate. He is wearing a wide-brimmed hat, coat, trousers, and long boots. His left hand holds the reins, in his right hand is a pistol. A man stands in the near distance, in front of a toll booth, with a shocked expression on his face. Obscured by the gate, a small dog watches proceedings.
生誕 リチャード・ターピン (Richard Turpin)
1705年9月21日洗礼
エセックスヘンプステッド英語版
死没 1739年4月7日(33歳没)
ヨークナヴェスミア英語版
死因 絞首刑
別名 ジョン・パルマ
職業 肉屋、密猟者、住居侵入者、ハイウェイマン
罪名 馬泥棒
刑罰 死刑
配偶者 エリザベス・ミリントン
子供 1人 (確証なし)[1][2]
父:ジョン・ターピン
母:メアリー・エリザベス・パーメンター
 
有罪判決 有罪

 

ロビンソン・クルーソー』(Robinson Crusoe)は、イギリス小説家ダニエル・デフォーの小説。主に第1作を指して『ロビンソン漂流記』などともいう。

ロビンソン・クルーソーの生涯と奇しくも驚くべき冒険』
The Life and Strange Surprising Adventures of Robinson Crusoe
初版の扉ページ
初版の扉ページ
作者 ダニエル・デフォー
イギリスドイツ
言語 英語
ジャンル 長編小説
刊本情報
出版元 William Taylor
出版年月日 1719年4月25日

概要

1719年に『ロビンソン・クルーソーの生涯と奇しくも驚くべき冒険』(The Life and Strange Surprising Adventures of Robinson Crusoe)として刊行された。ロビンソン・クルーソーの誕生からはじまり、船乗りになり、無人島に漂着し、独力で生活を築いてゆく。この無人島には時々近隣の島の住民が上陸しており、捕虜の処刑及び食人が行なわれていた。ロビンソンはその捕虜の一人を助け出し、フライデーと名づけて従僕にする。28年間を過ごした後、帰国するまでが描かれている(第1部)。

この小説が好評だったので、さっそく続編(第2部)『ロビンソン・クルーソーのさらなる冒険』(The Farther Adventures of Robinson Crusoe)が刊行された。ロビンソンは再び航海に出て、以前暮らした無人島やインド・中国などを訪れる。

さらに1720年にロビンソンの第3部『ロビンソン・クルーソーの真面目な省察』(Serious Reflections of Robinson Crusoe)が刊行された。これは冒険物語ではなく宗教などをテーマにした随筆で構成されている。

モデル

ロビンソン・クルーソー[注釈 1]は架空の人物である。しかし、実際に無人島で生活した経験を持つスコットランドの航海長アレキサンダー・セルカーク(Alexander Selkirk) の漂流記での実話[1][2]、17~18世紀に広く出回っていた数々の航海誌等をモデルにしていたとされる[1]

 

スターン牧師

ローレンス・スターン(Laurence Sterne, 1713年11月24日 - 1768年3月18日)は18世紀イギリス小説家牧師。未完の長編小説『紳士トリストラム・シャンディの生涯と意見』(以下、『トリストラム・シャンディ』と呼ぶ)の作者として知られる。

ローレンス・スターン
Laurence Sterne
Laurence Sterne by Sir Joshua Reynolds.jpg
ローレンス・スターン
誕生 1713年11月24日
アイルランドティペラリー県クロンメル
死没 1768年3月18日(54歳没)
イギリスロンドン
職業 小説家
国籍 イギリスの旗 イギリス
ジャンル メタフィクション
代表作

トリストラム・シャンディ

 

ヴィヴィアン・リーVivien Leigh, Lady Olivier1913年11月5日 - 1967年7月8日)は、イギリス女優。1939年の映画『風と共に去りぬ』のスカーレット・オハラ役と1951年の映画『欲望という名の電車』のブランチ・デュボワ役でアカデミー主演女優賞を受賞した。『欲望という名の電車』は、1949年にロンドンウェスト・エンドで上演された舞台版に引き続いてリーがブランチ・デュボワを演じた作品でもある。また、1963年のブロードウェイ・シアターで上演されたミュージカル『トヴァリッチ』 (Tovarich) で、トニー賞ミュージカル主演女優賞を受賞している。2度の結婚歴と離婚歴がある。元夫の一人にローレンス・オリヴィエがいる[2]

リーは演劇学校を最初の結婚によって辞めた後の1934年〜35年に4本の映画に出演し、その後舞台『美德の仮面』で映画プロデューサーのアレクサンダー・コルダに認められ、1937年の映画『無敵艦隊』に出演した[3]。この作品でリーの美貌が評判となったが、リー自身は容姿ばかりが注目されることが必ずしも女優としての成功につながるとは限らないことを危惧していた。映画女優として有名となったとはいえ、リーは活動の主軸を舞台においており、30年にわたる舞台女優としての活動で幅広い役柄を演じた。ノエル・カワードジョージ・バーナード・ショウらの戯曲をはじめ、演目もコメディから古典劇、たとえばウィリアム・シェイクスピアの戯曲『ハムレット』におけるオフィーリア、『アントニーとクレオパトラ』のクレオパトラ、『ロミオとジュリエット』のジュリエット、『マクベス』のマクベス夫人や、ジャン・アヌイソフォクレスの「アンティゴネ」を翻案したアンチゴーヌなどを演じた経験がある。

リーは、当時の一般大衆からはイギリスの名優ローレンス・オリヴィエの2度目の妻としての印象を強くもたれていた。リーとオリヴィエは多くの舞台作品で共演し、映画作品でも3度共演している。リーとオリヴィエの結婚生活は1940年から1960年まで続いたが、リーは徐々に双極性障害に悩まされるようになっていった[4]。女優業を続けるのは難しいのではないかといわれ、女優としての仕事量の減少を経験した時期もあった。また、1940年代半ばごろからは慢性の結核の発作に見まわれるようになり、最終的にはこの慢性結核がリーの死因となった。1999年にアメリカン・フィルム・インスティチュートが発表した「映画スターベスト100」では女優部門の16位にリーが選ばれている。

Vivien Leigh, Lady Olivier
ヴィヴィアン・リー
ヴィヴィアン・リー
風と共に去りぬ』(1939)より
本名 Vivian Mary Hartley
生年月日 1913年11月5日
没年月日 1967年7月8日(53歳没)
出生地 イギリス領インド帝国の旗 英領インド西ベンガル州ダージリン
死没地 イングランドの旗 イングランドロンドンベルグレイヴィア
国籍 イギリスの旗 イギリス
身長 161 cm[1]
職業 女優
ジャンル 舞台映画
活動期間 1933年 - 1967年
配偶者 ハーバート・リー・ホルマン(1932年 - 1940年)
ローレンス・オリヴィエ (1940年 - 1960年)
著名な家族 スーザン・ファーリントン(娘)
主な作品
風と共に去りぬ』(1939年)
哀愁』(1940年)
欲望という名の電車』(1951年)

 

ジリアン(1951年は3歳) 

私ことルビーの姉

 

ジョージ(父)とバンディ(母)

1944年 出会い←(昭和19年 第二次世界大戦中)

バック

バンディ(母)の元カレ

アメリカ軍の下士官で地雷を踏んで片足を失くし、カンザスに還る。その後音信不通。

それでジョージ(父)と結婚する。

 

1945年 ジョージ(父)の父親はリーズ(ヨークシャ州の首都)に出かけた時、市内電車に轢かれて死亡。

それでジョージ(父)は家業のペットショップをつぐ。

 

ゲイリー・クーパーGary Cooper[gɛəri kúːpə][1][2]、本名: フランク・ジェームズ・クーパー、1901年5月7日 - 1961年5月13日)は、アメリカ合衆国モンタナ州ヘレナ出身の俳優。愛称はクープ

Gary Cooper
ゲーリー・クーパー
ゲーリー・クーパー
本名 Frank James Cooper
生年月日 1901年5月7日
没年月日 1961年5月13日(60歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 モンタナ州ヘレナ
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州ロサンゼルス
職業 俳優
配偶者 Veronica Balfe (1933-1961)
著名な家族 マリア・ヴェロニカ(娘)
主な作品
モロッコ』(1930年)
オペラハット』(1936年)
ヨーク軍曹』(1941年)
打撃王』(1942年)
誰が為に鐘は鳴る』(1943年)
真昼の決闘』(1952年)
友情ある説得』(1956年)
昼下りの情事』(1957年)

初出演映画『夢想の楽園』(1926年)
1936年
イングリッド・バーグマンと共演した映画『誰が為に鐘は鳴る』(1943年)
映画『無宿者』(1945年)
 
シーリア・ジョンソン
セリア・ジョンソン Celia Johnson 生年月日:    1908/12/18 出身地:    イギリス/サリー州リッチモンド 没年:    1982/04/26

Celia Johnson

Celia Johnson.jpg

 

ポリッジ

オートミールで作るお粥「ポリッジ」

 

ゴルディロックス

『三匹の子熊』の女の子

3びきのくま英語the Three Bears)またはゴルディロックスと3匹のくまGoldilocks and the Three Bears)は、イギリスの有名な童話である[1]1837年ロバート・サウジーが散文[2]で著したことで広く知られるようになったが、さらに古い原作に基づいている可能性がある[3]

ゴルディロックスという小さな女の子が3匹の熊に出くわす物語である。Goldilocksとは「金髪」という意味で、gold「金」+lock「髪」からできた名前。

Flora Annie Steel作、Arthur RackhamEnglish Fairy Tales(1918年)の挿絵
 
パトリシア(1951年は5歳)
私ことルビーの姉 長女
 
レディバード・シリーズ
ladybird 絵本1940年代から数多くのシリーズが出版され、現在もたくさんの子供たちから
愛されているレディバードシリーズ
 
私(ルビー)と同じ商店街の子供 未来の友人かな?
 
ジリアン(1951年は赤ちゃん)
私ことルビーの姉 次女
安息日生まれ 善良で陽気で清楚な子供
1959年にペール・ブルーのヒマラヤン・ハスキーに轢かれる(7年後)
 
ブレイク・ストリートから博物館の庭へ散歩

goo.gl

1951年5月 私ことルビーの受胎1日目

 

タントラतन्त्र Tantra)とは、ヒンドゥー教においては神妃(シヴァ神妃)になぞらえられる女性的力動の概念シャクティ(性力)の教義を説くシャークタ派聖典[1]仏教においては中世インドの主に8世紀以降に成立した後期密教聖典の通称である[2](また、広く密教聖典全般をタントラとみなす場合もある)。スートラは糸を意味し、「経」(縦糸)と漢訳されたが[3]、これに対してタントラはサンスクリットで織機(はた)、縦糸、連続などを意味し[4]経典に表れない秘密を示した典籍であることを含意する[5]チベット仏教では「連続」(相続)[6]として定義され、ある種の密教の教えが記された聖典を指す言葉として用いられる[7]。 タントラという宗教文献の存在は、インドを訪れたキリスト教の宣教師によって18世紀末頃に西洋に紹介され、それから後年、タントリズムタントラ教)という言葉が生まれた[8]。今日、欧米の研究者らは、タントリズムという用語をヒンドゥー教仏教ジャイナ教の各宗教の一部にみられるある種の汎インド的宗教形態を指す言葉として用いている(学的操作概念であり、タントリズムの従事者が自らそう呼んでいるわけではない)[8]。タントラはタントリズムの文献であると言えるが、仏教のタントリズムである密教聖典がみなタントラと名づけられているわけではなく、ヒンドゥー教の一派であるシャークタ派の聖典はタントラと通称されるが、ヒンドゥー教タントリズムの文献がすべてタントラと呼ばれるわけではない[8]

思想としては、正統派ヒンドゥー教とは別種の救済、解脱の道を説き、シャクティを重視する秘儀的な潮流、霊的方法論で、のちに仏教チベット仏教において密教(秘密仏教、タントラ仏教、仏教タントリズム)として発展した。タントラは転じて教義一般を指す普通名詞になったため、思想としてのタントラ(タントリズムタントラ教)は、特定の思想体系を意味するものではない[9]。インド思想史において、思想としてのタントラは最も定義が困難なもののひとつであるが、大まかに言うと、ウパニシャッド梵我一如に表される大宇宙と小宇宙の相関符合の神秘思想によって世界観が基礎づけられたもので、ヴェーダ的な伝統を受け継ぎつつも、軽視あるいは否定する面を持ち、絶対的最高原理を認め、これと融合・合一することで生前解脱することを目指し、現世を肯定し自在に支配しようという、全体として秘儀的な教義と実践の体系である[10]。一般的には、ヴィシュヌ派、特にパンチャラートラ派英語版サンヒター英語版、シャイヴァ・シッダーンタ派(聖典シヴァ派)のアーガマ英語版、シャークタ派のタントラなどを指して「タントラ文献」と称する[11]。思想としてのタントラは、タントラ文献によって代表される思想体系あるいは特定の学派のみを指すわけではない[9]。タントラ文献が全てタントリズム聖典であるとは限らず、「サンヒター」「アーガマ」「スートラ」など「タントラ」以外の名で呼ばれる文献にも、タントリズムの性格を有するものが多くある[11]

ヒンドゥー教シャークタ派の聖典インドで 800年前後(ある種のタントラ文献は7世紀)に作られたと考えられ、64種あるいは 192種あるとされる[12]。タントラ文献には、さらには実践行法に関する規則、神を祀る次第や具体的方法も含む[13]。通説ではタントラは7 - 8世紀に成立したと考えられているが、パンチャラートラ派の最古のサンヒターの成立年代や、タントラ的要素を多く含む仏教の密教仏典の漢訳年代も考えると、5世紀までさかのぼる可能性があり、思想や儀式が洗練されて普及し文献にまとめられた期間を考慮すると、文献成立よりさらに古い可能性がある[14]ヒンドゥー教のタントラ文献と、密教の文献は同時期に成立している[15]

アメリカのインド学者デイヴィッド・ゴードン・ホワイトは、タントラ的実践や儀礼が行われていた地域として南アジアチベットモンゴル中国韓国日本カンボジアミャンマーインドネシアなどを挙げ、タントラ的諸神格が汎アジア的に信仰されていたことから、ヒンドゥー教仏教ジャイナ教にそれぞれ別個にタントリズムが存在したというよりむしろ、前近代のアジアの諸宗教では、各宗教のタントリズム的ヴァリエーションという形で、宗教横断的に「タントラ」という伝統が存在していたのだと説明している[16]

ヒンドゥー教のシュリー・ヤントラの図像
 
セント・メアリー大修道院の、雷門のついた白っぽい廃墟
11世紀の創建。廃墟は13世紀以来。
 
バートとアルフ
公園の草を刈っている男たち
戦争で同じ連隊にいた
 
アル・ボウリー Al Bowlly

アルバート アリック ボウリー(1898 年 1 月 7 日[1] – 1941 年 4 月 17 日) は、モザンビーク生まれの南アフリカ出身の英国人ボーカリスト兼ジャズ ギタリストで、1930 年代に英国で人気を博しました。[2] [3]彼は 1,000 曲以上を録音しました。

彼の最も人気のある曲には、「Midnight, the Stars and You」、「Goodnight, Sweetheart」、「Close Your Eyes」、「The Very Thought of You」、「Guilty」、「Heartaches」、「Love Is the Sweetest Thing」などがあります。彼はまた、アルバート・メラーの言葉で、アダルジソ・フェラーリスの「ダーク・アイズ」の唯一の英語版を「ブラック・アイズ」として録音。 [4]  

Al Bowlly は、モザンビーク生まれの南アフリカ系イギリス人のボーカリストであり、ジャズ ギタリストでした。彼は 1898 年にモザンビークポルトガル植民地のローレンソ マルケス(現在のマプト) で生まれました。[3]彼の両親はギリシャ人レバノン人でした。[5] [6]彼らはオーストラリアに向かう途中で出会い、南アフリカに移動した. ボウリーはヨハネスブルグで育ちました。[5]         

理髪師やジョッキーを含む南アフリカでの一連の奇妙な仕事の後、彼は1920 年代半ばに南アフリカローデシアインドオランダ領東インドのツアーでエドガー アデラー率いるダンス バンドで歌いました。彼は、オランダ領東インドのソエラバヤのバンドから解雇されました。

  • 1930年代がピークのだった英国の人気歌手。

ベンチに捨てられている新聞の一面に載っているナイアガラ滝とスカイロン・タワー

スカイロン・タワー展望台入場券 2023 - ナイアガラの滝と周辺669x446

スカイロン・タワー展望台入場券 2023 -

 

肉屋のウォルター

イーリング・コメディの肉屋に似ている

ロンドンっ子

セクハラな話をする男

商店主仲間

太っている

夫のジョージと仲がよく助け合う 配給の肉よりはるかに多くの肉をバンディに渡してよこす

女好きだから、バンディは夫と付き合うのを喜んでない

 

イーリング・コメディ

  • ロンドンのイーリング・スタジオで制作された喜劇映画

イーリング・スタジオ (Ealing Studio) は、イギリスロンドン西部のイーリングにある伝統ある撮影スタジオである。1902年設立。

1938年から1955年までの所長にマイケル・バルコン

1950年代にその名を馳せ、「イーリング・コメディ」と呼ばれる数々の喜劇映画を生み出してきた。 1955年の「The Ladykillers(邦題:マダムと泥棒)」は有名。この作品は後にコーエン兄弟によりリメイクされた。その他の作品に「カインド・ハート」(1949年)、「ラベンダー・ヒル・モブ」(1951年)、「白衣の男」(1951年)などがある。

近年このスタジオで撮影された作品には、「ノッティングヒルの恋人」、「ラッキー・ブレイク (映画)英語版」、「理想の結婚」、「ショーン・オブ・ザ・デッド」などがある。スター・ウォーズのエピソード2・3の追加撮影もここで行われた。

 

バーナード・ベイング

水道工事用品屋

商店主仲間

バンディは肉屋のウォルターよりバーナード・ベイングの方が好き

 

パン屋のリチャードソンズ

 

ハノンズ

野菜を購入

 

ボーダーズ

コーヒー、チーズ、バター

 

ジリゲイト通り 見つからない

クラレンス・ストリート 見つからない

 

ネル

ロウザー通りのつぶれたようなテラス・ハウス(長屋造りの一軒家)

私ことルビーの祖母、バンディの母親

子供達 クリフォード、バブス、バンディ、ベティ、テッド

ネルの実母はアリス

義母はレイチェル

ネルの兄姉たち エイダ(死亡)、ロレンス(推定死亡)、トム、アルバート(死亡)、リリアン(死亡同然)

ネルの夫 フランク(死亡)

孫たち エイドリアン、デイジー、ローズ、パトリシア、ジリアン、イーワン、ホープ、ティム、「わたし」ことルビー

 

キア-オラ

  • オレンジ味の清涼飲料。「健康」を意味するマオイ語。

Kia Ora 炭酸飲料

 

・・・ジリアンは、キア-オラを飲まされた恨みを晴らしにかかる。彼女はお祖母さんの、ボタン入れの箱をいじっているが、ピンク色のガラスでできた花の形のボタンをえらぶと(補注1を参照)、そっと用心しながらそれを飲み込む。これが、忘れっぽい母親が博物館の庭で約束した甘いものに、一番近いのだ。・・・

 

・・・バンディは、調理台に立っているとときどき心臓がどきどきしはじめて、頭のてっぺんがとれてしまい、大竜巻が脳の中身を何もかもさらっていって、自分のまわりのものをみんなめちゃくちゃにされてしまいそうな気のすることがある(カンザスへ行かなかったのは、かえって幸いだったのだ)。・・・

オズ

 

・・・どうしてこんな気持ちになるのか、自分でも分からない(アリスに訊くほかないか・・・補注1を参照)

アリスって誰か?バンディの祖母かな?

 

テッド

バンディの弟

1951年当時は、海軍にいて南シナ海にいる

 

バンディの夕食ステーキ・アンド・キドニー・プディング

Steak & Kidney Pudding

ステーキとキドニープディングは、ビーフステーキビーフ、子牛肉、豚肉、または羊の腎臓スエットペストリーで包み、コンロでゆっくりとす伝統的な英国のメインコースです。

ステーキとキドニープディング
ステーキとキドニープディング.jpg
小さなステーキとキドニープディング、マッシュポテト、エンドウ豆、ニンジン、ブロッコリーを添えて
種類 プディング
原産地 イングランド
主な成分

歴史

ステーキプディング(腎臓なし)は、18世紀までに英国料理の一部でした。[1]ハンナ・グラッセ(1751)は、ビーフステーキ(またはマトン)を使ったスエットプディングのレシピを示しています。[2]ほぼ1世紀後、エリザアクトン(1846)は、スエットペストリーで作られた「小さなビーフステーキプディング」にランプステーキを指定していますが、前任者と同様に腎臓は含まれていません。[3]

ステーキとキドニープディングの初期の言及は、1839年8月11日のベルの新しいウィークリーメッセンジャーに、作家が次のように述べているときに表示されます。

ハードベイク、ブランデーボールシラバブはベイクテイト」と「トロッター」に取って代わられ、昔のパイメンは「ホットビーフステーキとキドニープディング!」のブラックフライアーズブリッジの遠吠えのために取っておかれました。[4]

料理作家のジェーン・グリグソンによると、スエットプディングにステーキに腎臓を含める最初の公開レシピは、1859年にビートン夫人の家計管理でした。[5[n 1]ビートンはイングランド南東部のサセックスの特派員からレシピを送っており、グリグソンはそれまでイギリスの他の地域の料理人に馴染みのない郷土料理だったと推測している。[5]

ビートンは、キノコやカキを加えることで料理を「非常に豊かにする」ことができると示唆しました。[6]当時、カキは2つのうち安価でした:キノコの栽培はヨーロッパではまだ揺籃期にあり、カキはまだ一般的でした。[5]次の世紀に、ドロシー・ハートリー(1954)は、長い調理が「[牡蠣]を固くする傾向がある」ため、牡蠣ではなく黒鰓キノコの使用を推奨しました。[7][n 2]

ビートンもハートリーも、ステーキと腎臓のレシピで腎臓が使用される動物の種類を指定しませんでした。Grigson (1974) は子牛か牛の腎臓のいずれかを求めている[5]。  [8] 現代の他の料理人は、子羊または羊の腎臓(マルグリット・パッテンナイジェラ・ローソン、ジョン・トロデ)[9]、牛の腎臓(メアリー・ベリーデリア・スミス、ヒュー・ファーンリー・ウィッティングストール)、[10]子牛の腎臓(ゴードン・ラムゼイ)、[11]豚肉または子羊(ジェイミー・オリバー) 、[12] 牛肉、子羊肉、子牛の腎臓(ゲイリーローズ)。[13]

 

ジジフォスの神話

シーシュポス古希ΣίσυφοςSīsyphosラテン語Sisyphus)は、ギリシア神話に登場する人物である。長母音表記を略してシシュポスシジフォスシシュフォスとも省略される。コリントスの創建者[1]。徒労を意味する「シーシュポスの岩」で知られる。

シーシュポスはテッサリアアイオロスエナレテーの息子で、兄弟にサルモーネウスアタマースなどがいる[2]プレイアデスのひとりメロペーを妻とし、グラウコス[1]オルニュティオーンテルサンドロスハルモスをもうけた[3]。シーシュポスの子のうちグラウコスはベレロポーンの父である[1]

シーシュポスはエピュラーを創建し、エピュラーは後にコリントスの名で知られるようになった[1]。一説には、メデイアがシーシュポスにコリントスを贈ったともいう[4]。また、ヘーラーに狂気を吹き込まれたアタマースに追われたイーノーメリケルテースが海に身を投げた事件を追悼してイストミア大祭を創始した[5][6]

岩を持ち上げるシーシュポスを描いたアッティカ黒絵式アンフォラ(一部)。ミュンヘン州立古代美術博物館en)所蔵。
 

1914年 第一次世界大戦がはじまった年

    ロウザー通りにてと書いた写真の私ことルビーの曾祖母アリスと一族の写真

    継母レイチェルの写真

 

厚手の額縁に入った私ことルビーのの亡くなったお爺さんの形見の女性の写真こそ、

私ことルビーの曾祖母のアリス・パーカー

写真には巡回写真師J・P・アルマン撮影と入っていた 1888年6月20日

妊娠8か月のアリスの写真

 

アリス・パーカー

私ことルビーの曾祖母

私ことルビーの母親バンディのお母さんのネルを産むと同時に死んだ。 1888年

ネルは1888年7月30日にうまれた

 

100年前 1800年

エイダ

私ことルビーの曾祖母アリスの娘

 

トム

エイダの弟

 

アリス 31歳 7人めの子供を身ごもっている→お腹の子がネル(私ことルビーの祖母)

私ことルビーの曾祖母

アリスはもとはヨーク出身

 

ウィリアムス

エイダとの双子だったが生後3ヶ月で、原因不明の熱病で死んだ

 

ソフィア

私ことルビーの曾祖母のアリスの母親

自分とははるかに年上の男と結婚したが、父親は良縁だと喜ぶ→財産と地位

ソフィアの夫の財産は、鉄道用の土地の売買で得たものだが、一挙に巨利を博したが詐欺だったので、夫は首を吊った。

ヨークのミックスゲイトの壮麗な邸宅に生まれたアリスは、14歳になった頃には一家 は破産し家名は地に落ちた。

アリスはソフィアの一人っ子で大切に育てられた

母ソフィアは夫の自殺というスキャンダルに立ち直れず、精神錯乱をおこして阿片剤を大量に飲み、結局自殺同然に生涯を閉じた。

アリスは孤児になり、18歳になるまでに学校の教師になった 場所ローズデイル村の学校

アリス21歳 夫と出会う 散歩中、雨の日に学校までおくってもらう

1年かけてアリスにありとあらえるものを贈って根気よく求愛した

翌年の春結婚し、1年もたたずにエイダとウィリアムの双子を産む

 

ハンナ

ソフィアの姉

軍法会議にかけられて海軍を追われた相手と駆け落ちした スキャンダル→恥辱と貧困

 

フレデリック・バーカー

アリスの夫

ローズデイル渓谷の一端に農園を持っていた

アリスより12も年上 

1年かけてアリスにありとあらえるものを贈って根気よく求愛した

翌年の春結婚し、1年もたたずにエイダとウィリアムの双子ができ、ウィリアムが亡くなったころには、フレデリック・バーカーの隠していた本性が発覚→粗暴で酒飲みで、ギャンブル好き

さいごには、農園も200年間彼の一家のものだった土地も失って、スェイルデールで猟場の番人の仕事

 

ウィリアム

フレデリック・バーカーの父親

 

ジャン-ポール・アルマン

魔術師・・・巡回写真師

 

リリアン 当時1歳の誕生日をむかえていない

ネルのお姉さん

 

ロレンス アリスの三子次男

14歳で家出、行方不明

 

トム アリスの四子三男

メイベルと結婚

事務弁護士の事務員になる

 

アルバート アリスの五子五男

第一次世界大戦で戦死

 

エイダ アリスの二子長女

12歳でジフテリアで死ぬ

ジフテリア

ジフテリアは、ジフテリア菌による急性感染症です。アフリカ、南アメリカ、アジア、南太平洋諸国、中東諸国、東欧、ハイチ、ドミニカ共和国など多くの国で発生がみられます。近年、日本国内ではジフテリアトキソイドの定期接種によりジフテリア患者は激減し、1999年(平成11年)の報告を最後に国内での患者報告は認められていません。

 

リリアン アリスの六子次女

長命で数奇な運命をたどる

 

ネル アリスの七子三女

私ことルビーの祖母

ネルのお産で母アリスが死んでしまう

 

1952年

バンディのお産

ジョージ6世の死の直後び生まれ、新女王の治世第一号の一人になった

エリザベス女王即位の年

 

トルクメダ先生

お産婆さん

 

バンディの幸運の兎の後足

ラビッツ・フット(兎の足)うさぎのあし英語 the rabbit's foot)は、お守りの一種。ラビットフット(rabbit foot)とも。

不思議な力が宿るとされる“ウサギの後ろ足(足先)”を主体として、留め具を取り付け、携帯所持しやすいように加工したものである。現在では、実際のウサギの足を用いることは稀で、イミテーション(フェイクファー)を用いてキーホルダーやストラップの形で売られることが多い。ふわふわした毛のみを丸めて作ったものはチャーム(飾り)として、お守りの「ラビッツ・フット」としてではなくファッションとしてアクセサリーとして持たれることもある。

アメリカイギリスメキシコなどで人気が高い。欧州大陸ではあまり知られていない。1940年代 - 1960年代アメリカのヒッチハイカーバイク乗りたちの間で流行した。

実際のウサギの足と銀製工芸部品を組み合わせて作られた「兎の足」
 
バブス
バンディの姉
デイジーとローズという双子の子がいる
デューズベリーに住んでいる
 
デューズバリー

www.google.com

リーズの西側の町。再建された教会に付属して13世紀の自治州会館があり、教会には9世紀の十字架の破片と13、4世紀のステンドグラスがある。

 

ネルの結婚挫折の話

ネル24歳の時 パーシー・シーヴィライトという警官と婚約

兄のアルバートと同じアマチュア・フットボーラーで、兄が引き合わせた

優秀でハンサムな男

盲腸が破裂して腹膜炎で死ぬ、パーシー26歳

 

スカーボロ

www.google.com

 

フランク・クック

亡くなった婚約者や兄アルバートと同じフットボーラーで、前年もう少しで挑戦杯をとれそうだったのに、試合でミスショットした男

服地屋の店員

 

ジャック・キーチ
亡くなった婚約者や兄アルバートと同じフットボーラー
アルバートの親友
婚約者パーシーのお葬式で墓地でパーシー・シーヴィライトの母親が気絶した時、助けてくれた男
大工
 
アルバート 列車の運転手
金髪碧眼で女性にもてるのに結婚しない
リリアン背信行為のため結婚できない
ネルは婚約者が亡くなって結婚できない
 
ダスティ・ピンクのクレマチス
ダスティ・ピンク
Dusty Pink

www.i-iro.com

 

フットボール・チームの年中行事でスカーボローへピクニッックへ行く

アルバートと友人たちのために、姉リリアンとネルが二人で作ったお弁当

清潔なテーブル・ナプキンにつつんだハムサンドイッチが1ダース

殻をつけたままのハード・ボイルド・エッグが半ダース

大きなウェンズリーデール・チーズ(北イングランド産)の塊

パーキン(オートミール、生姜、糖蜜でつくるケーキまたはビスケット。北イングランド名産)が1枚

シンダー・トフィー(グラニュー糖、バターチョコレート、重曹などを混ぜてつくる菓子。北イングランド名産)一袋

リンゴが3つ

ジンジャー・ビール3本

継母レイチェルには内緒。

 

ネルはジャック・キーチに恋をした

 

アルバートはフルフォード兵営へ

東ヨークシャ第一連隊に入隊して砲手になる

 

兄トムの発案で一家の写真を撮る

ロウザー通りの裏庭で撮影

ロレンスはいない(14歳で家出、行方不明)

 

マトック

兄トムの友人で腕のいい写真屋

 

アルバートの友人フランク・クックは、アルバート英仏海峡を渡った日に入隊

フランク・クックは自分を臆病だと思っていたので、人に気づかれないうちになるべくはやく入隊した

ジャック・キーチは、フランクと同日に入隊

 

ネルは前夜の別れの時にジャック・キーチに「幸運のお守りの兎の後足」を渡した

 

「イーペル(フランスとの国境に近いペルギーの町。第一次世界大戦の激戦地。)の戦闘もやっと終わりました」というアルバートの手紙

イーペルIeper [ˈipər]Ypres フランス語: [ipʁ] イープル 英語: [ˈiːprə])は、ベルギー西部、フランデレン地域ウェスト=フランデレン州にある都市。ブージンゲ (Boezinge)、ブリーレン (Brielen)、ディッケブス (Dikkebus)、エルフェルディンゲ (Elverdinge)、ホレベーケ (Hollebeke)、シントヤン (Sint-Jan)、フラーメルティンゲ (Vlamertinge)、フォールメーゼレ (Voormezele)、ジレベーケ (Zillebeke)、ザウツホーテ (Zuidschote)の10の地区から構成される。第一次世界大戦中には第一次イーペルの戦い英語版第二次イーペルの戦いなどでドイツ軍と連合国軍の最前線として長期間戦闘が繰り返され、一時街は廃墟になった。

イーペルの位置
第一次世界大戦前のイーペル

文献で最初にイーペルの文字が見られるのは、紀元前1世紀のことで、ローマ人によって襲撃されたことが知られている。中世には、『カンタベリー物語』で言及されたように、イングランドとの貿易によって40,000人の人口を持つ都市に成長した。13世紀にはラシャ工業が急発展し、ブリュッセルヘントに次ぐフランドルの大都市となった。このころに有名なゴシック様式の巨大な衣料会館、シント・マールテン聖堂などが建設された。人口は20万人を越え、街は大いに繁栄したが、戦略的に重要な位置を占めていたため、侵略に対して守備を固められなければならなかった。1385年に土塁の建造されたが、その一部は、リール門の近くに、現在でも残っている。また、この時期にかけて住民の間で、黒猫)が悪魔魔法の象徴とされ、凶悪な悪魔を追い払うために掃討が行われた。今日ではこの習慣を忘れないために、3年毎に祭りが行われている。

その後、土塁はより丈夫な石造りと陶製の構造と部分的な濠とに作り替えられた。17、18世紀には、ハプスブルク家ブルボン家の争いの中、イーペルはさらに守備を固めることとなり、最重要部はフランス軍技術将校のヴォーバンによって、17世紀の終わりに完成することとなったが、幾度とない戦乱や宗教上の混乱によって街は徐々に衰退していった。

第一次世界大戦

砲撃で破壊された後のイーペル

第一次イーペルの戦い[編集]

1900年代に入り、勢力均衡の欧州の中で中立を表明していたベルギーは、それをイギリスによって条約で保証されていた。しかし1914年第一次世界大戦が始まると、ドイツ軍がベルギー北部からフランスに侵攻するシュリーフェン・プランに基づき、ベルギー領内に侵入してきた。イギリスは条約に基づき戦争に参加したが、ドイツ軍は3チームに分かれて都市を包囲・占領する作戦によって、瞬く間にベルギー北部の諸都市を占領していき、イーペルも占領された。対して壊走する連合国軍は、戦力を立て直しイーペル突出部周囲の丘上で、ドイツ軍に激しい反撃を加えた。この反撃は成功し、さらに街周辺部で1914年10月31日から11月22日まで会戦が行われ、連合軍はドイツ軍から街を奪取した。

第二次イーペルの戦い[編集]

こうして一時は撤退したドイツ軍であったが、1915年4月22日から5月25日まで連合国軍に再攻撃を仕掛けた。この攻撃では人類史上最初の大規模毒ガス攻撃が行われた(最初の毒ガス使用は1915年1月のボリムフの戦いで)。使用された毒ガスは塩素であった。甚大な被害を受けた連合国軍は撤退、ドイツ軍が再び街を占領した。1917年秋には、イーペル近郊でマスタードガスが戦闘に使用された。この毒ガスが使用されたのも人類史上初めてで、都市の名前をとってイペリットとも呼ばれるようになった。

第三次イーペルの戦い[編集]

1917年7月21日から、近郊のパッシェンデール村を主戦場とする3度目の会戦が始まった。ドイツ軍塹壕に突撃したイギリス人カナダ人などの混成連合国軍は、1m前進するのに20名の兵士の命が奪われる程の、非常に激しいドイツ軍の抵抗にあった。3ヵ月にも及ぶ戦いで、両軍で50万人を超える犠牲者が出た。11月6日に戦闘が停止したとき、結局連合軍が奪回できたのは都市の峰東のみであった。街は大砲や銃の砲火によってほとんど壊滅し、パッシェンデール村は両軍の絶え間ない砲撃で完膚無きまでに破壊し尽された。

現代のリーペル

夜の衣料会館

戦後、衣料会館と市役所を含む中心街の主な区画では、出来るだけ元と同じような設計で、街は再建されていった(その他の地域は、より現代的な外観に様変わりした)。今日では、衣料会館はフランドルフィールズ博物館となり、第一次世界大戦でのイーペルについての展示が行われている。

戦争によって破壊されたイーペルは、再建後「平和都市」と呼ばれるようになった。さらに日本広島市と緊密な友好関係を結んだ。戦場になったという事実(広島が世界で初めての核攻撃を受けたのに対し、イーペルは化学兵器が使用された最初の場所のうちの1つであった)もあり、両市は結束を深めた。

 

リーマン・ロードの強制収容所

外国人収容施設

ハックスピー・ロードの行きつけの肉屋のマックス・ブレッヒナー(60歳)もいた

 

エメラルド通りのビル・モンロー

一番最初に休暇で帰ってきた

パークグロウブ通りの若者とエルドン・テラスの若者も帰宅

 

憲兵

ビル・モンローが帰隊しなかったので玄関の前で大捕り物

(一時帰宅のフランク・クックにこの話をネルたちがするときには、名前がビリー・モンローになっている)

 

フランク・クックはイーペルの第二回海戦(1915年4月22日から5月25日)のあとでかえってきた

片足が敗血症にかかったのでサウスポートの病院に入院したのち、少しの休暇のため帰ったがすぐに戦争にもどった

 

敗血症

敗血症(はいけつしょう、sepsis)とは、感染症に対する制御不能な生体反応に起因する生命を脅かすような臓器障害のこと。患者数は世界で年間約2700万人で、そのうち、約800万人が死亡していると報告されている[1]。日本での年間死亡者は10万人を超えると推計されている[2]

国際的な診断基準では、感染症が疑われSOFAスコア英語版がベースラインから2点以上増加しているものを敗血症としている[3]細菌ウイルス真菌感染症[4]の全身に波及したもので、非常に重篤な状態であり、無治療ではショック播種性血管内凝固症候群 (DIC)、多臓器不全などから死に至る。元々の体力低下を背景としていることが多く、治療成績も決して良好ではない。

これに対し、傷口などから細菌が血液中に侵入しただけの状態は菌血症と呼ばれ区別されるが、医学専門以外のメディアなどでは敗血症として表記されることも多い[5]。また、敗血症と全身性炎症反応症候群 (SIRS) は似ているが、後者は感染によらない全身性の炎症を含んでいる点が異なる[6]

感染症全身性炎症反応症候群と敗血症の関係。
 
 
戦時中
ネルは軍復を作る仕事 帽子作りの技術を評価され職場の隊長になった
リリアンは市電の車掌になった
→戦場から一時帰国したフランク・クックには、女性が車掌をしていることが理解できない描写があり、ワスレナグサの描かれ来客用の食器や白いクロスを前に、戦場の悲惨な話を友人の継母と妹たちにできない様子も描写されている
フランク・クックは休暇中をネルとリリアンの二人と多くすごした
 
フランク・クックはネリーをエンパイアのミュージック・ホールへ連れていく
シェパーズ・ブッシュ・エンパイア (Shepherds Bush Empire) は、ロンドン西部のシェパーズ・ブッシュにある、アカデミー・ミュージック・グループ英語版が運営する演奏会場のひとつ。スポンサーであるO2の名を冠して、O2 Shepherds Bush Empire と表記されることもあれば、地名のシェパーズ・ブッシュに準じて、(アポストロフィを付けて)Shepherd's Bush Empire と表記されることもある。この建物はもともと1903年ミュージックホールとして建てられたものであったが、1953年BBCが取得して、「BBCテレビジョン劇場 (BBC Television Theatre)」と改称した[1]。後にBBCの手を離れ、1991年以降は、演奏会場として運営されている。
シェパーズ・ブッシュ・エンパイア
Shepherds Bush Empire
Shepherd's Bush Empire.jpg
2011年撮影

 

リリアンはフランク・クックを成人学校(正確には「教育の入植地」と訳される組織。ローンツリー一家が20世紀初めに創始。)の集会へ連れて行った。

クエイカー教徒

クエーカーQuaker)は、キリスト教プロテスタントの一派であるキリスト友会(キリストゆうかい、Religious Society of Friendsフレンド派とも)に対する一般的な呼称である[1]。友会は、17世紀イングランドで設立された宗教団体である。

清教徒革命イングランド内戦)の中で発生した宗派で、教会の制度化・儀式化に反対し、霊的体験を重んじる[1]。この派の人びとが神秘体験にあって身を震わせる(quake)ことからクエーカー(震える人)と俗称されるようになった[1]。会員自身はこの言葉を使わずに友会徒Friends)と自称している。クエーカーという名称は、創始者ジョージ・フォックスに対して判事が使った言葉に由来する。

キリスト友会
フレンド派
Quaker Star
19世紀以降から使用されているクエーカーのシンボル
分類 プロテスタント
体系 会議次第
体制 会衆制
協力 Friends World Committee for Consultation
創設者 ジョージ・フォックス
創設日 17世紀中期
創設地 イングランド
独立 イングランド国教会

 

3人で開館したばかりの豪華な新映画劇場へ行った

映画「ジョーン・ショア」

ジョーン・ショア

youtu.be

 

ツェッペリン飛行船に対する恐怖

→爆撃の恐怖

ツェッペリンZeppelin)とは、20世紀初頭、フェルディナント・フォン・ツェッペリン伯爵(通称Z伯)が開発した硬式飛行船の一種を指す。

ツェッペリンの設計した船体は非常に成功した結果、「ツェッペリン」という語句は慣用的にあらゆる硬式飛行船のことを指すようになった。硬式飛行船は外殻の支持構造をもつ飛行船であり、ガス圧で外形を維持する軟式飛行船と区別される。

ツェッペリンの初飛行(1900年)

なお、第一次世界大戦においては、ツェッペリン飛行船は119隻建造されて、偵察目的のほか、英国に対する長距離爆撃にも使用された。しかし、戦術的に有効な打撃を与えることはなく、主に空を舞う威圧的な飛行船を見せて敵国の市民の戦意を削ぐ心理的な効果を狙ったものであった。

また、飛行船は低速で大きく、極めて燃えやすい水素浮揚ガスを使用していたため、イギリスの対空防御体勢が充実すると対空砲や戦闘機からの銃撃の容易な的となり撃墜されることも多く、またそれ以上の数の飛行船が往復途中の悪天候で遭難した。イギリスでは対飛行船用兵器としてランケン・ダートも開発した。

 
ダークブルーのホランド(日除けなどにつかう、平織りの重めに糊付けした麻布)
灯火管制に神経をとがらせた
隣のミニー・ハヴィスがわずかばかり明かりをもらして、治安判事から出頭を命じられる
 
兄トムは新妻のメイベルを連れてくることはめったになかったが、こまめに訪ねてくれた
ネルはメイベルが割合好きだった
トムは兵役免除を受けていたので、世間にはずるいという人もいた
爆撃で片腕を失う
 
アルバートが休暇で帰宅
戦争の話をしない
妹たちと過ごして、戦地に戻っていく
 
戦場(塹壕)のフランク・クックとジャック・キーチ
ジャック・キーチは無口になる 銃声や砲声の恐怖
フランク・クックは右耳が聞こえなくなったので、銃声や砲声の恐怖がなくなった
2年近くの前線 状況は不利になる 祈るようになる
毒ガスへの恐怖
アルフ・シモンズ 塹壕で監視の任にあたっている
マルカム-イネス・ウォード
・・・この隊に6か月居た後、目を撃ち抜かれ死ぬ。 自分も負傷しながらも負傷兵に手をかして緩衡地帯からひきずってきた
ジャック・キーチはマルカムと馬が合い親しかったので、彼の死がこたえた。
 
フランク・クック ジャック・キーチを戦場で見失う 既にしんでいた
緩衡地帯は地獄
クリフトン・イングス(北ヨークシャの広い緑地)に昔、フランク・クックとアルバートと二人で泳いだ思い出をおもいだす
ウーズ河(トレント河、ハンバー河につながるヨークシャの河)が、砲弾でできた穴の溜まり水と同じどろどろの色だったから

www.google.com

 

シャク(杓、学名:Anthriscus sylvestris)は、セリ科シャク属多年草。別名、ヤマニンジンコジャクワイルドチャービル

シャク
Anthriscus sylvestris Japan1.JPG
福島県会津地方 2011年5月

サンザシ(山査子、山樝子、学名: Crataegus cuneata)は、バラ科サンザシ属の落葉低木。別名では、サモモ[1]ともよばれる。中国中南部の原産[2]。日本には江戸時代1734年)に中国から薬用の樹木として小石川御薬園に持ち込まれて[3]、その後は庭木盆栽として栽培されている[2][4]

サンザシ
Crataegus cuneata f lutea1.jpg
サンザシ(キミサンザシ)の花

 

ソンムの戦いの初日の日(フランス北部、第一次世界大戦の有名な激戦地)

フランク・クックは、片目の若い中尉と煙草を吸う 

ソンムの戦い(ソンムのたたかい、Bataille de la SommeBattle of the SommeSchlacht an der Somme)は、第一次世界大戦における最大の会戦である。1916年7月1日から同11月19日までフランス北部・ピカルディ地域圏を流れるソンム河畔の戦線において展開された。連合国側のイギリス軍フランス軍同盟国側のドイツ軍に対する大攻勢として開始し、最終的に両軍合わせて100万人以上の損害を出したが、連合国軍はわずかな土地を獲得したにとどまり、ドイツ側は後退を最少におさえた。

大戦初期のマルヌの戦いなどに比して武器の消費量や性能も飛躍的に向上し、軽機関銃も初登場した。また当時新兵器であった戦車が初めて投入された戦いでもある。

ソンムの戦い
Cheshire Regiment trench Somme 1916.jpg
ソンム県Ovillers-la-Boisselle近郊のイギリス軍の塹壕。作戦計画図中央にある道路付近の塹壕の写真。
戦争第一次世界大戦
年月日1916年7月1日 - 11月18日
場所フランスピカルディ地方のソンム
結果:膠着

背景

1914年7月に開始された第一次世界大戦において、西部戦線マルヌの戦い以降は膠着し、塹壕戦となった。

連合国側ではシャンティイでの連合軍諸国会議(1915年12月6日 - 12月8日)において英仏軍で連携した共同作戦が提示され、ソンム一帯を予定攻勢地域に選定する。ソンム一帯を予定戦域とすることは両軍の接点であるという理由で決められたものだが、同地がドイツ軍の強固な防御地点であることから反対意見もあった。また、攻勢は東部戦線におけるロシア、イタリア軍の攻勢と合わせて行われることとなり、その間の予備攻撃を主張するフランス軍参謀本部(GQG)総長ジョゼフ・ジョフルイギリス海外派遣軍(BEF)最高司令官のダグラス・ヘイグ(1915年12月就任)との間で意見対立も生じた。

1916年2月、ドイツ軍がヴェルダン要塞進攻を開始(ヴェルダンの戦い)。ドイツ軍の消耗戦術でフランス軍が苦戦したため、ソンムに投入する兵力は減少する。攻撃開始は6月29日に予定されていたが、天候の影響で7月1日に延期された。

直前の両軍

連合国軍の主力はローリンソン将軍の英第4軍である。当初約25師団を予定していたが縮小され、19個師団[7]を有していた。そのうち11個師団が第1線を担当し、5個師団が直接の予備、わずか2個師団と騎兵1個師団が総予備として配備された。南翼を担当するのはファヨール将軍の仏第6軍で、ヴェルダン戦の影響で当初の約40個師団から16個師団に減していた。7月1日の攻撃には5個師団のみが参加した。

一方ドイツ軍側はフリッツ・フォン・ベロウ将軍の第2軍で、ソンム河北方の諸陣地に1個軍団(5個師団)、南方に1個軍団(4個師団)を有し、後方に3個師団の予備隊を控置していた。また、ドイツ軍防御陣地は以下の通りである。第1陣地は3~5線の塹壕線からなり、第2陣地は2~3線よりなる。第2陣地は最前線より3~5kmにあって、第3陣地はフレール付近に設置。また、第1陣地と第2陣地との中間には中間陣地があり、砲兵の主力はこの中間陣地付近に、重砲は第2陣地の後方にあった。当時ドイツ軍は第1陣地に重きを置いていて、第2・第3陣地はそれほど強固ではなかった。

経過

連合軍は周到な準備の下、6月5日より砲撃を開始してドイツ砲兵を圧倒した。と同時にまず第1陣地を破壊し、さらに第2陣地を砲撃したがこれは30日に至るまで6日間続けられた。飛行機もまた砲兵に協力してドイツ軍陣地の後方を擾乱した。

7月1日早朝、英仏両軍の歩兵は砲火と連携しつつ攻撃前進に移った。しかしドイツ軍塹壕への事前攻撃の効果が少なかったこと、攻撃中の部隊との通信連絡が完全に途絶したことに加え、ドイツ軍の防衛陣地が多重防御を備えた強固なものであったため、7月1日の攻撃は失敗に終わる。イギリス軍は戦死19,240人、戦傷57,470人ほかの損失を被った。これは戦闘1日の被害としては大戦中でもっとも多い。

フランス軍は同日夕方までに独第1陣地の最前線を奪取した。ドイツ軍の逆襲を撃退してさらに攻撃を続け、5日までにペロンヌ西側地区において第1陣地だけでなく第2陣地の一部も占領するにいたる。イギリス軍の正面ではドイツ軍の激しい逆襲によってあまり前進出来ず、ただフランス軍との隣接地区においてのみ相当の進展を見た。ドイツ軍はこの間各方面から増援を得て逆襲を繰り返して抗戦を試み、その兵力は2倍、16師団に増加した。連合軍はその後攻撃を続行し、7月20日までに仏軍は正面約12km、深さ2ないし8kmの敵陣地を獲得し、英軍では第1陣地地帯を突破した。

7月下旬から9月中旬にわたる間英仏軍は攻撃を続行し、ソンム河北岸の地区では攻撃進展著しく、イギリス軍は9月15日の攻撃で第15軍に投入されたMk.I戦車をフレール方面で初めて使用した。秘密兵器の初披露であった衝撃もあり、ドイツ軍の戦線攻略に効果があったが、49両用意されていた戦車のうち稼働できたのは18両で、実戦に参加できたのは5両だけ、運用面でも不備があり機動性は発揮できなかった(戦車の投入にはイギリスの軍需大臣ロイド・ジョージは否定的であった)。この間ドイツ軍では8月下旬、エーリッヒ・フォン・ファルケンハインがヴェルダン攻撃失敗により参謀総長の職を退き、パウル・フォン・ヒンデンブルクがこれに代わった。

9月末にソンム地方は天候不良で地面が泥だらけとなって作戦困難となったが、英仏連合軍は攻撃を続けた。10月末までにはソンム河北岸地方で一定の成果をみたが、7月以来3カ月にわたる攻撃で消耗激しく、またドイツ軍も他方面の作戦に忙殺され、11月上旬には両軍対峙の形となった。

一連の戦闘でイギリス軍498,000人、フランス軍195,000人、ドイツ軍420,000人という膨大な損害を出したが[8]、いずれの側にも決定的な成果がなく、連合軍が11km余り前進するにとどまった。

余談であるが、この戦いはアドルフ・ヒトラーが参加し、毒ガスによって一時失明したことで有名である。もちろん当時はただの伝令伍長であり、戦局には何の影響も及ぼさなかった。

イギリス軍の作戦計画(1916年7月1日時点)。初日に連合国の塹壕(赤)全面から攻撃を加え、ドイツ軍の塹壕(青)を突破し、ドイツ軍の第二防衛線となっている塹壕(青い点線)まで進むというものだったが突破に失敗し、7万人以上(攻撃に参加した歩兵の91%)を失った

関連映画

ソンムの戦いを題材とした作品には1999年のアイルランド映画『ザ・トレンチ(塹壕)』がある。

 

アルバート・バーカーの陸軍からの死亡通知

1916年7月1日

爆死

 

フランク・クックとジャック・キーチは生きていた

 

ジャック・キーチ

ソンムの戦いのあと、2年ぶりの休暇をもらう

3人のドイツ兵を殺した勲章と負傷傷

ロウザー通りの家に毎日来たが不機嫌 勲章はつけいない

姉のリリアンにははなしかけて過ごす  ネルの姉への嫉妬

 

アーノルド・ローンツリー

誰?

 

ネルとジャック・キーチは休暇中、もう少しで結婚しかけた

ネルを未亡人にしないため

 

フォスゲイトのエレクトリック・シネマへ

ソンムの戦い」を見に行った

エレクトリック・シネマ (2009年)
 

エレクトリック・シネマ(The Electric Cinema)はイギリスロンドンノッティング・ヒルにある映画館。イギリスに現存する映画館では最古の部類に属する イギリス指定建造物において特別に重要な建造物を指すグレード「2*級」に指定されている。