Corona Borealis

*読書*

f:id:coronaborealis:20170507141336g:plainf:id:coronaborealis:20170507141336g:plain

はじめまして。

ようこそいらっしゃいました。

Event! モーリス・ルブランのアルセーヌ・ルパン シリーズ を読もう

f:id:coronaborealis:20170617131545j:plain読書イベントf:id:coronaborealis:20170617131545j:plain

お遊びのようなものですが、

読書をしていて気分がだれる日のために、

小さな目標をこっそりと作ってみました。

死ぬまでに読めるといいなぁ・・・。

 

f:id:coronaborealis:20170617131521g:plainf:id:coronaborealis:20170617131521g:plain

 f:id:coronaborealis:20170617124654j:plain

モーリス・ルブランの推理冒険小説

アルセーヌルパン シリーズを読んでみよう。

f:id:coronaborealis:20170507140828j:plainf:id:coronaborealis:20170507142106g:plain

【Arsène Lupin】

f:id:coronaborealis:20170617131521g:plainf:id:coronaborealis:20170617131521g:plain

 年代別作品集

 1905年-1907年:怪盗紳士ルパン(Arsène Lupin, gentleman-cambrioleur:第一短編集)

ルパン逮捕される (L'Arrestation d'Arsène Lupin)

獄中のアルセーヌ・ルパン (Arsène Lupin en prison)

ルパンの脱獄(L'Évasion d'Arsène Lupin)

ふしぎな旅行者(Le Mystérieux voyageur)

女王の首飾り (Le Collier de la reine)

ハートの7 (Le Sept de cœur)

アンベール夫人の金庫 (Le Coffre-fort de madame Imbert)

黒真珠 (La Perle noire) (版によっては「アンベール夫人の金庫」と「黒真珠」とを省き、「うろつく死神」を入れているものがある。日本語訳の創元推理文庫、角川文庫、ハヤカワ・ポケット・ブックスはそれに従う。一方、新潮文庫岩波少年文庫偕成社版全集及び偕成社文庫、早川文庫版はオリジナルに従っている)

おそかりしシャーロック・ホームズ(Herlock Sholmès arrive trop tard)

 

1906年-1908年:ルパン対ホームズ(Arsène Lupin contre Herlock Sholmès:2本の中篇)

金髪の美女(La Dame blonde)

ユダヤのランプ(La Lampe juive)

 

1909年:ルパンの冒険(Arsène Lupin/Une Aventure d'Arsène Lupin:戯曲、及び戯曲の小説化)

 

1909年:奇岩城(L'Aiguille creuse(空洞の針):長編)

 

1910年:813(813:長編:1917年に「La Double-vie d'Arsène Lupin:ルパンの二重生活」と「Les Trois Crimes d'Arsène Lupin:ルパンの三つの犯罪」に分冊化。偕成社版及び新潮文庫版は「813」「続813」)

 

1912年:水晶の栓(Le Bouchon de cristal:長編)

 

1911年-1913年:ルパンの告白(Les Confidences d'Arsène Lupin:第二短編集)

太陽のたわむれ(Les Jeux du soleil) 結婚指輪(L'Anneau nuptial)

影の合図 地獄の罠 赤い絹のスカーフ うろつく死神 (版によっては、『怪盗紳士ルパン』に収載されているものがあり、日本語訳も創元推理文庫、角川文庫、早川ミステリはそれに従っている。早川文庫版の『怪盗紳士』には含まれていない)

白鳥の首のエディス(Édith au cou de cygne)

麦わらのストロー(Le Fétu de paille)

ルパンの結婚(Le Mariage d'Arsène Lupin)

 

1915年:オルヌカン城の謎(L'Éclat d'obus(砲弾の破片):長編)初版にはルパンは登場しない、後の版で「営業上」の理由から加筆され一場面にのみ登場する。

 

1917年:金三角(Le Triangle d'or:長編)

 

1919年:三十棺桶島(L'Île aux trente cercueils:長編)

 

1920年:アルセーヌ・ルパンの帰還(Le Retour d'Arsène Lupin:戯曲)

 

1920年:虎の牙(Les Dents du tigre:長編)

 

1923年:八点鐘(Les Huit Coups de l'horloge(時計の八時の鐘):連作短編集)

塔のてっぺんで(Au sommet de la tour)

水びん(La Carafe d'eau)

テレーズとジェルメーヌ(Thérèse et Germaine)

秘密をあばく映画(Le Film révélateur)

ジャン・ルイ事件(Le Cas de Jean-Louis)

斧をもつ貴婦人(La Dame à la hache)

雪の上の足あと(Des Pas sur la neige)

 

1924年カリオストロ伯爵夫人(La Comtesse de Cagliostro:長編)

 

1927年:緑の目の令嬢(La Demoiselle aux yeux verts:長編)

 

1927年:山羊皮服の男(L'Homme à la peau de bique:短編) 英訳は、「ルパンの告白」に「モルグの森の惨劇」として収録されているので、フランス版の初出もこれ以前の可能性もある

 

1927年-1928年:バーネット探偵社(L'Agence Barnett et Cie:連作短編集)

水は流れる(Les Gouttes qui tombent)

ジョージ王のラブレター(La Lettre d'amour du roi George)

バカラの勝負(La Partie de baccara)

金歯の男(L'Homme aux dents d'or)

十二枚の株券(Les Douze Africaines de Béchoux)

壊れた橋(The bridge that broke:英訳版のみに存在。ただし、アマゾンkindle版の全集Les Aventures extraordinaires d'Arsène Lupin、ASIN:B0077CVG2A、第三者による仏訳Le pont qui se romptが収録されている)

偶然が奇跡をもたらす(Le Hasard fait des miracles)

白い手袋。。。白いゲートル。。。(Gants blancs... guêtres blanches...)

ベシュ、ジム・バーネットを逮捕す(Béchoux arrête Jim Barnett)

 

1928年:謎の家(La Demeure mystérieuse:長編)

 

1930年:バール・イ・ヴァ荘(La Barre-y-va:長編)(1934年にアシェット社のBibliothèque verteという選集に収録された際に、エピローグが割愛された)

 

1930年:エメラルドの指輪(Le Cabochon d'émeraude:短編)

 

1932年:二つの微笑をもつ女(La Femme aux deux sourires:長編)

 

1932年:ジャスト五分間 (Cinq minutes montre en main:寸劇)

 

1932年:アルセーヌ・ルパンとの十五分(Un quart d'heure avec Arsène Lupin:寸劇。Cinq minutes montre en mainの改作 戯曲版は未訳)

 

1934年:特捜班ビクトール(Victor, de la Brigade mondaine:長編)

 

1935年:カリオストロの復讐(La Cagliostro se venge:長編)

 

1939年:ルパン最後の事件(Les Milliards d'Arsène Lupin(アルセーヌ・ルパンの数十億):長編)

 

2012年:ルパン最後の恋(Le Dernier Amour d'Arsène Lupin: 長編)